肯尼亚首条“中国造”蒙内铁路即将正式通车

ケニアで初の中国製鉄道正式開通



    自“一带一路”倡议提出以来,在“共商共建共享”的原则下,一大批合作项目稳步推进。其中,中国和肯尼亚合作的旗舰项目——蒙内铁路,将于5月31日正式通车。届时,肯尼亚总统肯雅塔也将亲自登上列车试乘。


  蒙内铁路是肯尼亚独立百年来建设的首条铁路,是东非铁路网的起始段,连接肯尼亚首都内罗毕和东非第一大港蒙巴萨,全长约480公里,设计运力2500万吨,是一条采用中国标准、中国技术、中国装备建造的现代化铁路。

files/attach/images/80649/456/196/b584c5a9a7c61322fc771478350bab53.png

   「一帯一路」の提唱以来、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」原則の下で多くの共同プロジェクトが安定的に進められてきた。そのうち、中国とケニアが共同開発する旗艦事業――モンバサ・ナイロビ間鉄道が5月31日、正式に開通する。開通にあたってはケニアッタ大統領が自ら試乗する。




  モンバサ・ナイロビ間鉄道はケニアにとって独立をはさんで100年ぶりの鉄道建設で、ここを起点として今後は東アフリカ鉄道網が建設される。ケニアの首都、ナイロビと東アフリカの一大国際港であるモンバサを結ぶ路線は、全長480キロメートル、設計輸送能力は2500万トン。中国の国内基準と技術を採用して中国が製造建設する現代的鉄道だ。


timg01.jpg timg02.jpg