庄鲁迅2016东京演唱会圆满结束

荘魯迅2016年東京演唱會無事に成功しました


01.jpg

 图为庄鲁迅演唱其创作的歌曲。 王健 摄
画像:オリジナル曲を歌う荘魯迅  撮影:王健


02.jpg

图为庄鲁迅与小林启子共同演唱美国乡村歌曲。 王健 摄
画像:一緒にカントリーミュージックを歌う荘魯迅と小林啓子  撮影:王健

  据中国新网网东京近日报道;上世纪80年代初以热血风格的吉他弹唱引动中国大陆歌坛新风的旅日歌手庄鲁迅,9日晚在东京举行了一场颇具规模的个人演唱会,以此为其即将重登阔别近三十年的故乡上海舞台热身。


 当晚的演唱会,由庄鲁迅当年风靡舞台的“怀旧金曲”,以及其主要是旅日期间创作的原创歌曲两部分构成。其怀旧部分演唱的美国乡村歌曲,更获日本知名歌手小林启子登台为之助阵。


 而在其原创歌曲部分,最为引人瞩目的,则是庄鲁迅为中国古典诗词谱曲的特色作品。这些将中国传统意境与现代演唱风格巧妙融合的作品显得雍容大气。其根据楚霸王作品谱写的《垓下歌》、根据唐代大诗人张九龄作品谱写的《望月怀远》等,皆获得满堂彩声。


 据操办此次演唱会事务的日中通信社负责人告知,这场在东京的演唱会,其曲目大致就是10月1日将在上海的人民大舞台亮相的“庄鲁迅2016上海演唱会”的主 打内容,希望庄鲁迅首次重返故乡登台,能够以其深厚艺术感觉和独特音乐风格,再度打动当年老歌迷和当今年轻观众。

files/attach/images/80649/456/196/b584c5a9a7c61322fc771478350bab53.png 

  「中国新聞ネット・東京」の報道によると、9日夜、1980年代初頭に男性的なギターの弾き語りで中国大陸の歌謡界に新風を巻き起こした歌手・荘魯迅が東 京で大規模なコンサートを開催した。今回は30年近く離れていた故郷上海のステージのためのウォーミングアップでもある。



  当日夜のコンサートでは当時一世を風靡した懐かしの名曲と日本滞在中に創作したオリジナル曲の2部構成で、第1部ではカントリーミュージックを歌い、日本の著名歌手・小林啓子もステージに登場して花を添えた。



  第2部の歌曲の中で最も注目を集めたのは、荘魯迅が中国の古典詩に曲を付けた個性あふれる作品だ。中国の伝統的な精神世界の境地と現代の演奏スタイルが絶妙 に融合して鷹揚な風格を生み出している。西楚の覇王・項羽の作品を元にした「垓下の歌」、唐代の有名詩人・張九齢の作品を元にした「望月懐遠」など、どの 曲も満場の拍手喝采を受けていた。



  コンサートを主催した日中通信社の担当者によると、今回の東京コンサートでの曲目は、10月1日に上海 人民大舞台で開催される「荘魯迅2016年上海コンサート」と主な内容とほぼ同じだという。荘魯迅の初の凱旋コンサートが、深みのある芸術的な印象とオリ ジナリティあふれる音楽スタイルで往年のファンや若い観客の心を動かすことを期待している。