中国首款体验交互机器人——我还是单身

中国初 コミュニケーションロポット:私はまだ独身




  2017年1月9日,上海,中国科技大学机器人研究中心主任、计算机学院教授陈小平博士携研发的智能机器人“佳佳”亮相上海瑞银大中华研讨会。
 
  佳佳”一身汉服装扮,很有穿越感。“佳佳”优势在于人机交互中的“特有体验”,她可以通过追踪对话者的面部表情感知其情绪,与常见的动作机械的机器人相比,具有非常高的智能。
 
  据了解,“佳佳”身高约为1.6米、体重不到100斤,自带柔光效果的“皮肤”,是用硅胶做成的。


  在现场,“佳佳”与投资者进行了语言等交流,她可以对人“察颜观色”,并且呈现与人一样的微表情。陈小平说:“佳佳是机器人,她有自己的一套逻辑,与人交流过程中,怎么表现,我们也难以掌控。”

 

files/attach/images/80649/456/196/b584c5a9a7c61322fc771478350bab53.png

  2017年1月9日、上海の中国科技大学ロボット研究センター主任、コンピュータ学院教授の陳小平博士が研究開発したインタラクティブロボットの“佳佳”がUBSグレーター・チャイナの研究会にお目見えした。



   “佳佳”は漢服を身にまとい、タイムスリップした人物のようだ。“佳佳”はヒューマンコンピューターインタラクション(HCI)による特殊な体験ができるのが特徴で、対話者の顔の表情を追跡することで、その感情を察知し、よくある機械的な動作をするロボットに比べて、ひじょうに高い知能を持っている。



  “佳佳”は身長160センチメートルで体重は50キログラム足らず。ソフトフォーカス効果を持つ皮膚はシリコン製だ。




  現場では“佳佳”と投資家が言葉で交流したが、彼女は人の顔色を読むことができ、人間と同じような微妙な表情を浮かべる。「佳佳はロボットで彼女独自のロジックを持っている。人と交流する中でどのような表現をするかは、私たちにも把握できない」と陳教授は説明している。


01.jpg

02.jpg