村上春树在东京演讲

村上春樹さんの東京スピーチ




  据澎湃新闻网报道;2017年才过去4个月,日本作家村上春树已经已经出版了三本书,分别是长篇小说《杀死骑士团长》、与另一位日本女作家川上未映子的长篇对谈集《猫头鹰在黄昏起飞》以及刚刚出版的《村上春树翻译(几乎)是全部工作》。而据日媒报道,现年68岁的村上春树4月27日晚出席了在东京举行的一场公开活动并做演讲,畅谈了自己对翻译的看法。他在现场说,翻译工作“总是禁不住去做。几乎可以说是我的爱好”。


  作为日本作家的村上春树却极少在日本公共场合亮相,所以4月27日晚上的活动吸引了一大批日本读者,460张入场券有超过4000人申请。该活动由《村上春树翻译(几乎)是全部工作》出版方日本中央公论新社和纪伊国屋书店共同举办。除了个人演讲,村上春树还朗读了自己翻译的作品,并与翻译家柴田元幸(62岁)进行了对谈。

  files/attach/images/80649/456/196/b584c5a9a7c61322fc771478350bab53.png

   【澎湃ニュースネット】2007年は4か月が過ぎたばかりだが、作家村上春樹はすでに『騎士団長殺し』、女流作家川上未映子との長編対談集『みみずくは黄昏に飛び立つ』、それに発売されたばかりの『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』の3冊を出版している。日本メディアの報道によると、現在68歳の村上は4月27日の夜、投票で開催された公開イベントに出席して講演した際、自身の翻訳に対する見解を語ったという。会場で村上は翻訳の仕事を「ついついやってしまう。ほとんど趣味の領域と言っていい」と語っている。



  村上が作家として 公共の場に姿を現すことはめったにないため、4月27日のイベントはたくさんのファンの関心を集め、460人の定員に対し4000人以上の申し込みがあった。このイベントは『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』の出版元である中央公論社と紀伊國屋書店が共同で開催したもの。講演の他、村上自身による自作の朗読や翻訳家柴田元幸(62歳)との対談も行われた。



1.jpg