5月27日(日)日中通信社3Fにて唐詩朗読会が実施されました。


①.jpg


②.jpg

今回の講座を担当する講師は月刊「聴く中国語』のナレーションで
おなじみの李ティン老師です。先生の声を生で体感できるともあって、
開場後、すぐにお客様で満席となりました。ありがとうございます。

3部構成で講座をご用意

第1部は李白、第2部は杜甫、第3部はお楽しみ、といった内容です。

李老師の後に続いて参加者の皆さんが朗読する形式で講座はすすみます。
この李老師の朗読のなんと美しいこと!
皆さん、息を飲んで聞き入っていました。





ただ、正しい発音で唐詩を読んでいただくだけでは面白くないですよね。
本朗読会の特徴は、“雰囲気・イメージ”を大事にした朗読のチャレンジです。

聴いている人の頭の中に思わず詩が詠う情景を浮かび上がらせる読み方を
皆さんに挑戦していただきました。

コツは大きく分けて3つ。


・息をためる。
・息を抑揚つけて発する。
・息を流す。



少し意識するだけで、こんなにも情感たっぷりに聴こえることに
参加者の皆さんが感心されていました。


詩の読み方だけでなく、作品の解説も充実。
皆さんにとっても大変有意義な時間になったようです。


参加者の声(アンケートから一部抜粋)

・内容が充実していた。
・中国語に興味がもてた
・説明が具体的でわかりやすい
・発音の説明がとても丁寧。
・声の高低だけでなく、息のため方、出し方、流し方を教えてくれて心に残った。
・先生の声が綺麗、美しい。


次回のイベントは
中国語バス教室です。中国語漬けの一日を体感しませんか。
今回は初心者向けということで
参加しやすい内容をご用意。
東京タワー、皇居に参ります。

楽しい一日にご参加ください。

また、お会いしましょう!!


次回イベント予告詳しくは