中国企业扩大对日本不动产投资
中国企業の日本の不動産に対する投資拡大

 


  日经中文网18日报道,中国企业开始出现扩大投资日本房地产的迹象。经营商业设施的上海豫园旅游商城11月11日收购了日本北海道的滑雪场星野TOMAMU度假村。而且上海豫园旅游商城的大股东复星集团也购入了东京品川的两栋办公楼。

受日元贬值的影响,日本房地产相对会感觉较为廉价,其它的中国资本似乎也可能被吸引。

中国語ニュース 中国情報.png

 
 【11月18日 日経中国語サイト】
中国企業に日本の不動産に対する投資拡大の兆候が見られる。商業施設運営会社、上海豫園旅遊商城が11月11日に北海道のスキー場、「星野リゾートトマム」を買収した。さらに上海豫園旅遊商城の大株主である東復星集団も東京品川のオフィスビルを2棟購入している。

円安の影響で日本の不動産の価格が比較的下がっている今、その他の中国資本も魅力を感じるに違いない。




星野リゾートトマム.jpg 星野リゾートトマム01.jpg


 

中国語学習雑誌 聴く中国語 中国語学習雑誌 別冊聴く中国語シリーズ アジア圏芸能雑誌 AsinaSTAR