赴日中国游客渐增 意在发现“普通日本”
“普通の日本”を求めて訪日する中国人観光客が徐々に増加
  

  

  据环球时报报道;据日本《每日新闻》11月3日报道称,据统计,2014年1月至9月的中国访日游客人数达到了179万人,比2012年同期增长了大约80%,预计全年将突破200万人。


 究竟是什么原因导致了这种“政冷旅热”的局面呢?《每日新闻》称,究其缘由,大部分中国游客是以对“普普通通的日本”感兴趣而出游日本的。


 部分赴日旅游的中国游客还表示,“虽然在网上看过一些日剧,但那不能算是了解了日本”、“历史和政治问题并不能成为阻碍我们了解日本的理由,因此想要赴日旅游。我们想要了解历史之外的‘普通的日本’”。

                                                  

  

  【環球時報】11月3日、毎日新聞の報道によると、2014年1月から9月までに中国から日本を訪れた観光客は179万人に達し、2012年に比べ約80%増加。通年では200万人を突破する見込みだという。



  政治的な関係が冷え込む中で、訪日熱の原因は一体何なのか。毎日新聞によれば、大部分の中国人観光客はごく普通の日本に興味があって訪日するのだという。



  「ネット上で日本のドラマを見たことはあるが、それでは日本を理解したことにはならない」「歴史や政治の問題は我々の日本理解を妨げる原因にはならない。だから日本を観光してみたいと思った。歴史以外の“普通の日本”を知りたい」と語る観光客もいる。





中国語ニュース20141106.jpg 



中国語学習雑誌 聴く中国語 中国語学習雑誌 別冊聴く中国語シリーズ アジア圏芸能雑誌 AsinaSTAR