news3.png



 中国がどのような改革新時代のスタートを切るのか、世界中のメディアが注目する中、中国共産党第18期中央委員会第三回全体会議が閉幕した。ニュージーランド・ヘラルド紙は、会議では経済体制の改革が改革の全面深化の重点となるとして、世界第2の経済大国となった中国を将来的な経済成長へと導く方針を打ち出した、と報じている。中国は2020年までに決定的な成果を上げ、経済変革の核心である包括的改革を成功させることを目標としている。その中で、改革の一部の分野では市場の役割が重要になってくると、多くの専門家は分析する。今回の三中全会は、中国の今後10年間の改革方針を示す象徴的な意義を持ち、また同時に経済発展のスプリングボードとなるとみられている。ロイターはアナリストの話として、今後の経済発展のために、中国は資源配分において市場に決定的な役割を担わせることを承認、その中でキーとなるのが政府と市場の関係の調整だという見方を示している。そして市場の役割強化は、政府の政権運営理念上の格上げを表すものだと指摘している。