我国首条中低速磁浮铁路铺架完毕

中国初の低速リニア鉄道の線路建設完成


   据人民日报 12月8日报道 ,湖南长沙中低速磁浮铁路工程,将于近期开通试运行。长沙中低速磁浮铁路是中国首条自主研发的磁悬浮线,线路全长18.5公里,设计时速100公里,乘客 搭乘磁浮列车从长沙黄花机场到高铁站仅需10余分钟。中国也因此成为世界仅有的4个掌握中低速磁悬浮列车技术的国家。中国語ニュース 中国情報.png
【12月8日 人民ネット】湖南省長沙市の中低速リニア鉄道工事が完成し、まもなく試運転が行われる。長沙の中低速リニア鉄道は中国で初めて独自開発されたリニア鉄道路 線で、全長18.5キロメートル、時速100キロメートル。長沙の黄花空港から高速鉄道駅までをわずか10分でつなぐという。これによって中国は中低速リ ニア鉄道技術を保有する4つの国家の1つとなる。



我国首条中低速磁浮铁路铺架完毕.jpeg