湖北两千年银杏40年前被雷击“死亡”今复活
湖北省の樹齢2000年のイチョウ 40年前の落雷での「死亡」から復活



 湖北日报5月6日報道;近日,在湖北房县沙河乡、当地山上一株40年前被雷击“死亡”的古银杏树,今年又发新枝。 


   这棵银杏树在1976年7月被雷电击中燃烧,大火烧毁了大树主干,整棵树看上去只剩了一张树皮,奄奄一息,此后逐步枯萎。对于这株被“烧死”的古银杏 树,乡政府及当地村民仍然抱有一丝希望,对其做了相应保护措施。多年的期盼今年变为现实,虽然烧空的树洞可以容下两条水牛(如图),但古树看上去郁郁葱 葱,活力再现。

中国語ニュース 中国情報.png

 【5月6日 湖北日報】
先頃、湖北省房県沙河郷で、40年前に落雷を受けて生命を絶たれた山のイチョウの古木が、今年になって新たに新芽を吹いた。


こ のイチョウの木は1976年7月に落雷を受けて燃え、炎は樹皮を残して幹を空洞に焼きつくし、虫の息となったイチョウは次第に枯れていった。だが、この 「焼死」したイチョウの木に郷政府と現地の村民は希望を持ち続け、適切な保護処理を施してきた。長年の希望が今年になってやっと実現した。燃えた木にでき た空洞は、写真のように水牛2頭が入れるほどの大きさだが、枝には青々と葉が芽吹き、エネルギーを取り戻したかに見える。


湖北两千年银杏40年前被雷击“死亡”今复活.jpg

中国語学習雑誌 聴く中国語 中国語学習雑誌 別冊聴く中国語シリーズ アジア圏芸能雑誌 AsinaSTAR