“爷孙恋”李坤城首揭恋爱始末 称有罪恶感
李坤城 孫ほどの年齢の娘との恋の軌跡を初めて語る「罪悪感があった」


孫ほどの年齢の娘との恋.jpg

年の差恋愛の主役・李坤城と林靖恩
 “爷孙恋”男主角李坤城和林靖恩

  

  据台湾媒体报道,台湾音乐创作人李坤城2013年爆出和老友17岁女儿林靖恩相恋后,饱受舆论纷扰所苦,但两人不畏外界眼光越爱越高调,感情也在经过数次 波折后更加坚定。而他近日受访时首度公开彼此相识相恋的过程,原来缘分就是从林父委托他开导叛逆期的小女友开始,并坦承一开始很有“罪恶感”。


  李坤城接受专访时透露,当时受到林父委托,负责教导正值叛逆期的林靖恩,起初发现自己对朋友女儿怀有爱恋还觉得“有罪恶感”,不太敢跟女方“太亲密”,最后被女方的真诚、直率打动才鼓起勇气面对自己的情感。


  此外,李坤城还说,林靖恩认为两个人相爱是彼此之间的事,根本没有必要在乎外界的想法,这让他深刻感受到“年轻人的简单与纯粹”,所以每天和女友在一起都有初恋的感觉。
 

                                                                                                                                                  

 台湾メディアの報道によると、2013年、台湾のサウンドクリエイター・李坤城氏は17歳の少女・林靖恩さんとの交際を公にした後、騒ぎ立てる 世論に苦しめられてきた。しかし、2人は周囲の視線を恐れることなく愛を深め合い、何度かの危機を乗り越えて、その気持ちは確実なものとなったという。先 ごろ、李氏は取材を受けた際に初めて2人の恋愛の軌跡を明らかにした。もともと2人の出会いは、靖恩さんの父親が反抗期の娘を李氏に託したのが始まりで、 李氏も当初は罪悪感があったことを認めている。




取材で李氏が明かしたところによると、当時靖恩さんの父親から反抗期にあった靖恩さんの指 導を任されて、当初は友人の娘に恋愛感情を抱いたことに罪悪感があり、親密になりすぎることを恐れていた。しかし、最終的には靖恩さんの誠意や率直な思い に動かされて、自分の正直な感情に向き合うようになったという。





また靖恩さんの、2人の恋愛は2人の問題であって、周囲の見方を気にする必要はないという考えは、李氏に若者のシンプルさと純粋さを深く感じ入らせた。そのため靖恩さんと一緒にいる毎日は常に初恋の感覚を味わっているという。



中国語学習雑誌 聴く中国語 中国語学習雑誌 別冊聴く中国語シリーズ b94d902b9d5cb6fe1702c268649bc139.jpg