「第1届 日中友好中文作文比赛」比赛结果揭晓

「第1回日中友好作コンクール」結果発表



 

  

  9月12日,由日中通信社和新华网日语频道联合举办的「第1届 日中友好中文作文比赛」揭晓比赛结果,圆满落幕。西村昭司作品《我的围棋老师》获得最优秀奖。


  本次中文作文比赛以“朋友”为主题,面向以日语为母语的中文学习者,不限年龄、不限性别。其比赛历经3个月,日本全国以及台湾地区共有80多名参赛者,年龄跨度从18岁到64岁。经过评委会的多番审查,最后决出最优秀奖1名,优秀奖3名,佳作5名。


 据评委会介绍,本次比赛的每位参赛者都付出了百分之一百二十的认真,令人钦佩。每一篇作品都有闪光之处,令评委们难以取舍。鉴于获奖名额有限,在综合考虑文章的立意、结构、语句、语法等各项因素后,得出最后结果。而优秀作品远不止这9篇。


 此比赛还得到了东日本汉语教师协会的大力支持,其得奖作品将在

日中通信社网页

http://long-net.com/190879)上连续刊登。
新华网日语频道网页

(http://jp.xinhuanet.com/zt/1zgyzw/index.htm)

 

                                                                                                                        


 

  9月12日、日中通信社と新華網日本語チャンネルが合同で開催した「第1回日中友好作コンクール」の審査結果が発表され、コンクールは盛会のうちに終了。
西村昭司さんの作品『我的围棋老师』が最優秀賞を獲得した。



  今回、作文コンクールの課題は「朋友」で、参加資格は年齢・性別に関わらず日本語を母国語とする中国語学習者だ。日本全国と台湾から、80人以上、18歳か ら64歳までの幅広い年齢層から応募があった。審査委員会の厳しい審査の結果、最終的に最優秀賞1人、優秀賞3人、佳作5人が選ばれた。



  「今回の コンクールの参加者には皆、120%の真剣さが感じられたことに敬意を表する。どの作品にも、それぞれに良さがあるため審査は困難だった。しかし、受賞枠 には限りがあるため、文章のねらい・構造・語彙・文法などの要素を総合的に考慮して作品を選び出したが、優秀な作品はこの9作品だけではない」と紹介して いる。



  このコンクールは日本漢語教師協会の協力を受けています。受賞作は以下のサイトに連載されます。



株式会社日中通信社ホームページ

http://long-net.com/190879
新華ネット日本語チャンネルホームページ(http://jp.xinhuanet.com/zt/1zgyzw/index.htm)

 



募集.jpg