15岁华人少年摘取日本新俳句大奖

15歳 中国の少年が日本の新俳句大賞を受賞

 

 

  据中文导报7月18日报道; 一年一度的日本“伊藤园新俳句大赏”日前揭晓。


  居住在静冈县的在日华人子弟黄辅立君(年仅16岁)从413,660 件全日本中学生投稿中脱颖而出,以“君と解く桜の下の方程式”句,经过半年之久的数轮评审,荣获年度大赛七个奖项中的唯一一个最高奖——大奖。据悉,辅立 君获奖的新俳句“君と解く桜の下の方程式”将于今年8月开始,出现在伊藤园生产销售的饮料茶的瓶罐上,行销全日本。


   在日本享有盛誉的“伊藤园新俳 句大赏”每年举办一届,迄今已连续举办了二十五届,在全日本大、中学生中极具人气,影响广泛。今年的“第二十五回伊藤园新俳句大赏”的最高奖被中国籍学生 摘取,在大赛历史上尚属首次。黄辅立父亲、旅日华人书法篆刻家黄教奇介绍说:黄辅立一举折桂,让家人和同学们感到很高兴。


  辅立已经决定把本次大赏的20万日元奖金的一半(10万日元)捐赠给“静冈市立丰田中学校”,作为学生对母校的回馈,家人对他的决定表示支持。

 

                                                                                                                                        

   【中文導報7月18日】先ごろ、毎年1回開催されている日本の伊藤園の「お~いお茶新俳句大賞」の入賞者が発表された。



  静岡県に住む在日中国人黄輔立さん16歳が詠んだ、「君と解く、桜の下の方程式」の句は全国の中学生からの応募41万3660件の中でもひときわ群を抜いて おり、半年間に何度も審査が繰り返された結果、今年度設定された7賞のうちの最高賞である大賞を受賞した。輔立さんの受賞作は、今年8月から伊藤園が生産 販売する缶入り茶のパッケージに登場し全国で販売される。




  日本でよく知られている伊藤園の「お~いお茶新俳句大賞」は毎年1回開催され、 今年で25回目になる。全国の学生に非常に人気があり、広い影響力を持つ。今年の第25回「お~いお茶新俳句大賞」では中国籍の学生が大賞を受賞した。こ れは同大賞史上初めてのことだ。黄さんの父親で在日中国人書道篆刻家の黄教奇さんによると、輔立さんの快挙を家族も同級生も非常に喜んでいる。




  輔立さんは大賞賞金の20万円の半額10万円を、学生から母校への恩返しとして静岡市立豊田中学校に寄付することを決めており、家族もこれに賛成しているという。



学生