庄鲁迅的签售会活动圆满结束
荘魯迅さんのサイン会が開催され、盛況のうちに終わりました


  80年代曾经抱着一把吉他活跃于中国大江南北,引领流行乐潮流的庄鲁迅,赴日29年来,不仅在歌手领域,于诗歌、历史等文学领域也取得了很不错的成就,展现了他多才多艺的深厚中华文化功底。


  上周末在横滨YSC SPECE CAFÉ举行的签售会活动圆满结束。据主办方介绍,不仅有从东京,千叶,新泻等日本各地聚集的友人,还有从中国特意赶来参加的朋友,这是一个超越了国籍、地域、出身地的真正的中日文化交流的场面,也充分体现了荘鲁迅的歌声、个人创作才华和魅力!


  一曲红河谷和乡村之路,把听众们带回到了对上个世纪80年代的追忆。感受美好的时间总是过的飞快,未过瘾的朋友们还有机会9月9日与庄鲁迅重逢在金秋东京练马以及10月1日在上海大舞台的二场主题~歌声尚在,爱将永存~演唱会。让我们一起来品味美好的时光,不见不散!
 

files/attach/images/80649/456/196/b584c5a9a7c61322fc771478350bab53.png

  1980年代、ギターを抱えて中国を渡り歩きポップス界をリードした荘魯迅。日本を訪れてからの29年間、歌手としてだけでなく詩歌や歴史などの文学界でも大きな成果を上げ、中国文化に裏打ちされたマルチな才能を発揮してきました。




  先週末には横浜のYSC SPACE & CAFÉでサイン会が開催され、盛況のうちに終わりました。主催者によると東京・千葉・新潟など日本各地からファンが集い、中国から駆けつけた人もあったそうです。これこそ国境や地域、出身地を越えた本物の日中文化交流であり、荘魯迅の歌声と創作音楽の才能を存分に体現した一幕と言えるでしょう。




  

  「赤い河の谷間」や「カントリーロード」は観客を80年代の追憶の中に呼び戻してくれました。楽しい時間が過ぎるのはあっという間です。堪能したりなかったという方は9月9日に練馬で再度、荘魯迅の歌を聴くチャンスがあります。また10月1日には上海の大舞台で「歌は今もそこに、愛は永遠に」をテーマとしたコンサートが2ステージ予定されています。美しい時間をご一緒に楽しみませんか? ぜひ、お待ちしております。