1.jpg
上海で行われた映画『大上海』の公開セレモニーで、撮影中に大けがを負い、現在治療中のホアン・シャオミンが車いすで登場した。彼の願いに根負けした主治医がやっと外出を許可してくれ、今回、高速鉄道に乗って6時間もかけて上海に来てくれたという。彼の誠意に心打たれた共演者のチョウ・ユンファは、シャオミンの乗った車いすを押して舞台に登場、扇子でシャオミンを扇いであげると、シャオミンは終始恐縮した面持ちであった。

今回はじめて高速鉄道に乗ったというシャオミン。彼のお母さんは、彼の傷の具合を心配し、わざわざ彼の為に毛布とスリッパを用意してくれたという。しかしそれでも心配だったようで、結局、上海まで一緒にやってきているそうだ。