ori_50bbf7e6069d1.jpeg ニッキー・ウーは昨年のドラマ『步步惊心』が全国で大ヒットとなり、今回、上海マダムタッソー蝋人形館へ展示されることとなった。先日、蝋人形制作スタッフが本場イギリスから北京にいるニッキ―の元へ赴き、細部までサイズ測定をしたという。

現場では、蝋人形制作スタッフによるニッキ―の顔面のサイズ計測から、ニッキ―に合う眼球の制作まで細部にわたり行われた。ニッキ―は、鼻に特徴がある人形に仕上がると予想。多くの人から鼻が大きいと言われている為だが、「仲間はみんな僕の鼻が大きいというけれど、気にしてないよ。健康体だし、どこをとっても不満なんて全くない。」とのこと。ジャッキー・チェンの鼻みたいだと思ったことは?という質問に「(笑)どこが?」と笑って見せた。制作秘話はまだある。スタッフらはニッキ―にぴたぴたのシャツと半パンという格好をさせ、あらゆる部位のサイズを計った。全ての過程が新鮮なことばかりで、心の準備だけしていたという。大事な部分を計測するのは緊張しなかったかという問いには、恥ずかしさはなかったと語る。「そんな計りきれないでしょう。出来上がりは服を着ている訳だし、問題ないよ。」上海へ行った際はぜひともニッキ―に会いに行ってみたいものだ。