U1817P28T3D1596188F326DT20070613191110.jpg 19日正午、俳優のホアン・シャオミンが新作『白发魔女传之明月天国』の撮影中、予想外の事故に遭ってしまった。あるシーンの撮影にてワイヤーで地上から3mの高さに吊り下げられたときの出来事。突然バランスを失い、何が起きたのか状況が掴めないままシャオミンの体の左半分が地上に叩きつけられたという。スタッフはすぐさま左腕と左脚を固定し、积水潭医院に送り届けた。
积水潭医院は中国全土でも有数の整形外科専門病院。午後2時20分、シャオミンは北京积水潭医院救急治療室に搬送された。
数分後、黄暁明は、緊急治療室の医師のオフィスに連れて行かれ、医師がシャオミンの体の隅々を詳しく検査。結果、左脚は粉砕骨折、左腕は重傷を負い、精密検査が必要とのこと。情報筋によると、シャオミンは黒いダウンジャケットを羽織り、大きなマスクを装着、左脚と左腕は石膏で固定されていたという。複数のスタッフが傍に常時待機しており、シャオミンの母親も急いで病院に駆けつけた。母親はシャオミンのいる緊急救命室に到着した後も、不安は拭えない様子だった。



 1.jpg