先月、10月号で「いにしえの聖賢に学ぶ」の連載が始まってから
何度かご紹介させていただいた「現代知識人に習う人生の歩き方」の連載が、
いよいよ今月号よりスタートいたしました!!

ここでは、現在Twitterや新浪微博(ウェイボー)で話題となっている
知識人の実際に行われた講演を取り上げ、生の音声と共にお届け。
現代中国人のモノの考え方や、中国の現代文化を知ることができます。

栄えある第一回に登場するのは、視覚文化評論家劉樹さん
中国中央財経大学文化メディア学院の教授で、主に映像の研究をされています。
劉さんのミニブログ・新浪微博(ウェイボー)上のIDは「老樹画画」
毎日、自身で描いた1枚の絵と詩をアップしており、
なんとフォロワーはすでに50万人以上!今大注目の方です。

そんな劉さんによる講演のテーマは“自分自身に生きる”
「なんのために生きているんだろう?」「どうすれば楽しく生きていける?」
と、講演を聞きながら、考えさせられる非常に興味深い内容です。

テーマが抽象的で、大学教授の話、となると難しそうだな~…と感じますが、
講演というよりも、対話をしているように話されているので理解しやすいです。
そして、身近な体験をもとにしたユーモア溢れる劉さんのお話はとにかくおもしろい!
会場でも笑いが起こるほどで、CD音声を聞きながら、
思わず一緒になって笑ってしまいます♪

毎回取り上げる人物の育ってきた環境は様々で、活躍している分野も異なります。
自分とは違った新しい考え方の発見があったり、
共感できる部分があったりと、自分の生き方を見つめなおす
きっかけにもなるはずです!

「いにしえの聖賢を学ぶ」と隔月交代で連載していきますので、
中国古代・現代の思想と文化を存分にお楽しみください☆

こういう人物を取り上げてほしい!など、
ご意見・ご要望もお待ちしております♪


↓月刊『聴く中国語』11月号 詳細はこちらから↓


210x300.crop.jpg