第18回 日中カラオケコンクール決勝大会 大盛況の内に閉幕


第18回 日中カラオケコンクール決勝大会 大盛況の内に閉幕.jpg


 2015年10月17日、「第18回 日中カラオケコンクール決勝大会」が大盛況の内に閉幕した。会場には中国駐日大使館の何 振良広報参事官、日中友好協会の橋本逸男副会長をはじめ、ゲストや観客ら500人以上にご来場・ご観覧いただいた。

日中カラオケコンクールは、中国人が日本の歌を、日本人が中国の歌を歌うという独自のスタイルの歌唱コンクールで、両国の草の根交流と相互の文化に対する理解を深めてきた。途絶えることなく毎年1回開かれてきたこのコンクールは、多くの中国文化を愛する日本人と在日の華僑の間で人気の有名イベントに成長し、多くのファンを持っている。

今大会では、熾烈な争いと厳正な審査の末、日本人最優秀賞は石井 遊太郎・遊次郎さん兄弟ペア、中国人最優秀賞は王 子文さんが獲得した。その他8名にそれぞれ優秀賞・歌唱賞・表演賞・特別賞が贈られた。

特筆すべきは、受賞者の中にわずか5歳の少女が含まれていたことだ。彼女は多くの観客の前で堂々と歌い上げ、その可愛らしい様子に、今大会最も人気を集めた参加者の一人だといえるだろう。

中国駐日大使館の何 振良広報参事官は来賓の挨拶の中で、「中国では改革開放の初期に日本から入ったカラオケが国民に愛されてきた。カラオケのスタイルを通して、日中両国民相互の認識と理解が深まっていると言っていい。これはこのコンクールを設立した初志でもあり、今後もこのような作用を発揮し続けていくことを望んでいる」と述べている。

福田康夫元内閣総理大臣と鳩山由紀夫元内閣総理大臣からは今回のカラオケコンクールに対し祝電が贈られ、また、少し前に中国公演を行った人気ユニットDIAMOND DOGS のメンバー3人もゲストとして参加し、日中両国の歌を披露した。



マスコミ.jpg

開催日 :   2015年10月17日 (土)
会    場 : 光が丘
IMAホール(東京都練馬区)
開    場 : 12:30  
開    演 : 13:00
主    催 : 株式会社日中通信社
後    援 : 中華人民共和国駐日本大使館文化部  公益社団法人日本中国友好協会


協    賛   : 全日本空輸株式会社
       上海広場長城暇日酒店
       中国銀行 東京支店
       中国工商銀行 東京支店

       HSJ 株式会社
         

協    力  : カラオケ一六八別

       株式会社ハオ中国語アカデミー

       日中学院 

       株式会社アジア太平洋観光社
       東日本漢語教師協会

       深圳市奥斯科尔电子有限公司


マスコミ協力: 新華網日本語チャンネル      



審査員
     

大友 光悦(オオトモ コウエツ)
日中で活動する音楽プロデューサー。黒豹、陳琳、楊坤等を手がけた。


久保木 幸子(クボキ サチコ)
童謡歌手 元コロムビア専属歌手

甘 華亜(カン カア)
ソプラ歌手 北京中央音楽学院卒業。中国音楽家協会会員。

鐘 皓(ジョン ハオ)

バス歌手 中国中央音楽学院卒業。

≪各賞受賞者(敬称略)≫



■最優秀賞■ 


日本人組   石井遊太郎・遊次郎 【拒絶再玩】

19.jpg

 

                       

中国人組     王子文  【逢いたくていま】  

10.jpg

 

  

■優秀賞■    


日本人組  上野 太 【Forever Love】

9.jpg

 

                      


  中国人組    周加妮 【となりのトトロ】

 22.jpg

  


 

■歌唱賞■

日本人組  中谷 光夫  【童話】 

17.jpg

 

                                                                                                                                 


中国人組     李 耀南【裸足の女神】16.jpg

 

  


■表演賞■  

日本人組   大野圭 高辻千春  【千年之恋
7.jpg

                       

 中国人組  章俨   【酒のやど】
8.jpg


 

■特別賞■

日本人組   吉田了子  【何日君再来
15.jpg

                       

 中国人組  劉主恩   【千の風になって】
14.jpg





過去カラオケコンクール情報