1101-1.jpg

第18回 日中カラオケコンクール決勝大会受賞者とゲスト記念写真


  年に一度開催される日中カラオケコンクール。第19回大会の予選を、日本人組は10月22日、中国人組は10月29日に無事終了しました。今回の予選では日本全国の10以上の都市から、6歳~73歳まで100名以上の出場者が集まりました。選曲は現代的なセンスの人気歌曲が多く、難度の高い曲もたくさんありました。現時点ですべての出場者の資料と予選のデータは審査委員会に提出されています。あと数日でこの中から決勝大会への出場者が決定されるはずです。


  1998年、日中通信社の主催によって創設された日中カラオケコンクールは、中国人は日本の歌を、日本人は中国の歌を歌うという特殊なスタイルによって、両国国民の交流と相互理解を深めることを目的としています。創設以来、毎年1回、欠かさず開催され続け、今では中国文化を愛する日本人と日本在住の華僑が熱烈に支持する有名イベントとして、毎回多くのファンが集まります。


  今年も決勝大会では日中の出場者が、日中文化交流の新たな1ページを開いてくれることを期待しています。
  12月9日、練馬区のIMAホールで開催される決勝大会当日は、カラオケ好きな方にとっては交流学習の絶好のチャンスです。来年、大会に参加しようと思っている方は日中の出場者の努力と挑戦の様子を、ぜひ鑑賞にいらしてください。どうぞ、この機会をお見逃しなく!


カラオケポスターチケット販売A3outline-01.jpg


  今回の決勝大会会場には特別ゲストとして、1980年代のバラードのギター王子――荘魯迅をお招きします。今年の国慶節には上海人民大舞台でコンサートを開催し、会場を大いに沸かせた実力派。その美しい歌声は彼自身が持つ漢詩の教養と相まって心に響きます。荘魯迅のファンの皆さん、この機会をお見逃しなく。


  12月9日、練馬区のIMAホールでの決勝大会でお目にかかれることを楽しみにしています!


  中国駐日大使館文化部のご支援、また全日本空輸株式会社、中国工商銀行東京支店、Holiday Inn Shanghai Downtown(上海広場長城假日酒店)、新富麗カラオケはじめ、各種団体のご協力に対し、心からお礼を申し上げます。

zhixian.jpg


開催日 :   2016年12月9日 (金)
会    場 : 光が丘
IMAホール(東京都練馬区)
開    場 : 18:30  
開    演 : 19:00
主    催 : 株式会社日中通信社
後    援 : 中華人民共和国駐日本大使館文化部  公益社団法人日本中国友好協会


協    賛   : 全日本空輸株式会社
       Holiday Inn Downtown 上海廣場長城假日酒店
       中国工商銀行 東京支店

       富麗華カラオケ

       
協    力  :
株式会社ハオ中国語アカデミー

       日中学院 

       株式会社アジア太平洋観光社
       HSJ株式会社(月刊「聴く中国語」)

       


特別ゲスト


荘 魯迅 (ソウ ロジン)



審査員
     
大友 光悦(オオトモ コウエツ)
日中で活動する音楽プロデューサー。黒豹、陳琳、楊坤等を手がけた。

久保木 幸子(クボキ サチコ)
童謡歌手 元コロムビア専属歌手

甘 華亜(カン カア)
ソプラ歌手 北京中央音楽学院卒業。中国音楽家協会会員。

鐘 皓(ジョン ハオ)

バス歌手 中国中央音楽学院卒業。

≪各賞受賞者(敬称略)≫