ひとこと
「日中カラオケコンクール」は、日中通信社、チャイニーズスター・ファンクラブが主催する毎年恒例の日中文化交流イベントです。中国人が日本の歌を歌い、日本人が中国の歌を歌うことで、言葉の壁を越えた心の絆が生まれます。決勝大会では、日本全国から予選を勝ち抜いた参加者が、自慢の喉を披露します。ジャンルはポップス、ロック、民謡など何でもOK!また、ソロ、デュエット、グループなど形式も自由。年齢、性別の制限もありません。ビッグな華流スターもかけつけ、ミニ・コンサートで会場を盛り上げてくれます。 

7.jpg

第7回日中カラオケコンクール決勝大会
開催日 : 2004年9月18日
会場 : 練馬文化センター 大ホール
開場 : 18:00  
開演 : 18:30
主催 : 株式会社日中通信社・チャイニーズスター・ファンクラブ
後援 : 中華人民共和国駐日本大使館文化処
 

 日本人が中国語の歌を歌い、中国人が日本語の歌を披露する第7回日中カラオケコンクール決勝戦が、2004年9月18日練馬文化センターにて開催された。  1200人収容のコンサートホールが満員となった今大会は、ステージと客席が一体となる過去最高の盛り上がりを見せた。 “中国人”を歌った日本人、見事な歌唱力で“父娘坂”を熱唱した着物姿の中国人参加者など、各自の個性を生かしたユニークな舞台となった。 個性派ぞろいの24組の中から、周華健の“譲我歓喜譲我憂”を披露した海吹蕉さん、“都会の天使たち”を情熱的に歌い上げた向輝・孟偉(ペア) さんが最優秀賞を獲得。 今大会は更に特別ゲストとして、中華圏で圧倒的な人気を誇る台湾のスーパースター・任賢齋(リッチ-・レン)も特別出演、昨年度のコンクール最優秀賞者の渡辺美代子さんと“対面的女孩看過来”をデユエットし、さらにファンの熱いアンコールに答えて予定にはなかった曲を披露するなど、まさにファン絶叫のパフォーマンスで舞台を盛り上げた。  日本人と中国人が一体となり感動を共有した今大会は、早くも来年のカラオケコンクールへの期待が高まる素晴らしいステージとなった。

特別ゲスト
台湾トップスター 任賢斎(リチ・レン)


 

受賞者の皆さん(敬称略
最優秀賞   
日本人組 海吹蕉    
中国人組 向輝/孟偉

優秀賞    
日本人組 喜納さやか  長谷川賢      
中国人組 史星海    侯怡風 

歌唱賞  
日本人組 中村ひろみ  
中国人組 張小穎

表演賞  
日本人組 市川寛    
中国人組 梁晨

特別賞  
佐藤友美&小泉典子&矢島有理/池田和康

* 備考:第7回日中カラオケ決勝大会の模様がNHK(中国語会話)で放送しました。   
前編 本放送 2004年10月18日(月) 午後11:00~11:30       
    再放送 2004年10月20日(水) 午前6:00~6:30
後編 本放送 2004年10月25日(月) 午後11:00~11:30       
    再放送 2004年10月27日(水) 午前6:00~6:30

協力団体
主催 : 株式会社日中通信社
後援 : 中華人民共和国駐日本大使館教育処
協力 : マイク103 
協賛 : 日本メナード化粧品株式会社/上海賓館/全日本空輸株式会社/日本中国旅行社株式会社
特別協賛 : 中華人民共和国駐日本大使館教育処