ひとこと

「日中カラオケコンクール」は、日中通信社、チャイニーズスター・ファンクラブが主催する毎年恒例の日中文化交流イベントです。中国人が日本の歌を歌い、日本人が中国の歌を歌うことで、言葉の壁を越えた心の絆が生まれます。決勝大会では、日本全国から予選を勝ち抜いた参加者が、自慢の喉を披露します。ジャンルはポップス、ロック、民謡など何でもOK!また、ソロ、デュエット、グループなど形式も自由。年齢、性別の制限もありません。ビッグな華流スターもかけつけ、ミニ・コンサートで会場を盛り上げてくれます。

10_0

第9回日中カラオケコンクール決勝大会

開催日 :  2006年10月23日
会場 :  練馬文化センター 小ホール
開場 :  18:00  
開演 :  18:30
主催 :  株式会社日中通信社・チャイニーズスター・ファンクラブ
後援 :  中華人民共和国駐日本大使館文化処

 

日本人が中国語の歌を、中国人が日本語の歌を歌って日中交流を図るイベント、日中カラオケコンクールの決勝大会が10月23日に行われた。アマチュアによる音楽の国際交流イベントとしては、ほかに類を見ないユニークさと、エンターテイメント性の高さで毎年話題を呼んでいる。

当日は秋雨の降るあいにくの天候にもかかわらず、会場の練馬文化センターは満員の観客で埋まった。趙宝智中国大使館中日文化部参事官や、国際交流基金の橋本カツ子氏など来賓も出席し、華やかな雰囲気のもと、厳しい予選を勝ち抜いた出場者が自慢の歌声と思い思いのパフォーマンスを披露し、観客から大きな喝采を浴びていた。

90組近い予選参加者から選ばれた日本人12組、中国人10組の決勝進出者はいずれ劣らぬ実力者

ぞろい。特に中国人の蘇楽さんの「浪花節だよ人生は」は、演歌歌手顔負けのこぶし回しで、文句なしの歌唱賞を獲得。


特別ゲスト

中国大陸人気スター 陳坤(チエン・クン)

 

関連写真

 

受賞者の皆さん(敬称略)

日本人組
最優秀賞 :  村田秀樹 「痴心絶対」(李聖傑)
優秀賞 :  山口貴成 「快楽崇拝」(潘韋柏)相田沙織 「愛情旅程」(張韻涵)
歌唱賞 :  川原文代 「不死之身」(林俊傑) 森田その枝「太陽島上」(王立平)
表演賞 :  長坂裕子 「発焼」(張惠妹) 池田采歌 「説愛イ尓」 (蔡依琳)

中国人組
最優秀賞 :  毛興華  「さくら」(森山直太郎)
優秀賞 : 徐園園  「桜色舞う頃」(中島美嘉) 許馨蕾  「STORY」(AI)
歌唱賞 : 蘇楽  「浪花節だよ人生は」(細川たかし) 呉紅岩 「ごめんね」(高橋真梨子)
表演賞 : 于媛媛  「KISS」(クリスタル・ケイ) 李悦 「Fragile」(Every Little Thing)

協力団体

協力 :  マイク103
協賛 :  日本メナード化粧品株式会社 / 上海広場長城假日酒店 / 全日本空輸株式会社 / 新時代電脳 / 株式会社エイチ・アイ・エス  / 富麗華カラオケ / 正洋ロジステイクス株式会社