第11回日中カラオケコンクール決勝大会レポート 2008.11.17



カラオケ.jpg


第11回日中カラオケコンクール決勝大会

開催日 : 2008年11月17日(月)
会場 :  練馬文化センター 小ホール
開場 :  18:00  
開演 :  18:30
主催 :  株式会社日中通信社・チャイニーズスター・ファンクラブ
後援 :  中華人民共和国駐日本大使館文化処



01.jpg

2008年11月17日、日中通信社主催の「第11回日中カラオケコンクール」が開催されました。
寒い日の続いた東京も、当日は快晴。紅葉に染まり始めたつつじ公園に囲まれた練馬文化センターに、次々と来場者が吸い込まれていきます。
毎年恒例となった日中カラオケコンクール。今年は、2008北京オリンピック開催、日中平和友好条約締結30周年という記念すべき年で、今大会は第11回目という長寿イベントとなりました。


02.jpg

中国人が日本の歌を歌い、日本人が中国の歌を歌うことで、言葉の壁を越えた心の絆が生まれます。決勝大会では、北は宮城県から南は鹿児島県まで、全国から予選を勝ち抜いた23組28人が出場者が、衣装も鮮やかに堂々のステージを見せてくれました。例年以上に会場の雰囲気が良く、出場者のパフォーマンスに沸きました。


03.jpg

また、審査中に行われるゲストのステージも、今年は盛りだくさん。第二部の幕があいた瞬間に、元気な子どもたちが舞台に飛び出します。澄んだ歌声で「さくら」を歌ったあとは、ヒップホップの音楽にのせてダンスを披露し、客席から喝采を浴びました。


04.jpg

次はサプライズゲストの登場です。審査員も努めていただいた、すがはらやすのりさんが、華麗な衣装に着替え、「四季の歌」、「朋友よ」を伸びやかな高音で歌ってくださいました。デビュー40周年を迎え、ますます声に磨きのかかるすがはらさん。客席も一緒になって「四季の歌」を歌いました。


05.jpg

そしてゲストの最後は、台湾で人気沸騰中の范逸臣(ファン・イーチェン)が登場します。
主演映画『海角七号』が台湾記録を塗り替えるほど大ヒットした范逸臣は、来日した空港でもファンが出迎えるほど、注目度抜群。会場にもファンから大きなお花をいただきました。

舞台ではバラードからロックまで、定評どおりの高い歌唱力を披露し、最前列に陣取ったチャイニーズスター・ファンクラブも、范逸臣の端正なマスクとパワフルな歌声に酔いしれました。


06.jpg

続いて行われた審査発表では、大きなトロフィーと賞品が用意され、出場者は緊張の一瞬を迎えます。
毎年の常連組、また予選、決勝で顔を合わせて仲良くなった人など、同じ舞台に立った出場者には、日中の国籍を問わず、強い連体感が生まれます。

受賞に輝いた人もそうでない人も、審査発表のあとは皆晴れやかな顔で、互いの健闘を称え合いました。

第11回日中カラオケコンクールを無事に閉幕することができ、ご来場いただいたお客様、ご来賓、出場者、また審査員ほか関係者の皆様に、日中通信社社員一同、厚く御礼申し上げます。


受賞者発表

■表演賞(日本人組)
降旗信子・梅澤美幸・小倉達二 /吉祥三宝
堀内信彦 / I believe
■表演賞(中国人組)
张 璇 / キューティーハニー
范 静 / ずっと一緒さ
■歌唱賞(日本人組)
伊藤栄祐 /白月光
小川善久 / 七里香
■歌唱賞(中国人組)
楊志寛 /つぐない
黄 淑婷 / Precious
■優秀賞(日本人組)
粥川あゆみ / 一個人的精彩
山口貴成 /孫悟空
■優秀賞(中国人組)
胡雪梅 / ひとり薩摩路
侯思泳 / 永遠に
■最優秀賞(日本人組)
植山綾子 / 青蔵高原
■最優秀賞(中国人組)
生志恒・吴赟宙 / 最期の川
■特別賞
阿部幸子 /月亮代表我的心

開催情報

主催 :
株式会社日中通信社 / チャイニーズスター・ファンクラブ
後援 :
中華人民共和国駐日本大使館文化部
協力 :
MIC103
協賛 :
日本メナード化粧品株式会社
N.P.O法人 日本兒童歌・舞・劇團
健美プロダクション
上海広場長城假日酒店
中国東方航空
株式会社楽楽旅行
京海旅行社
新時代電脳(株式会社新時代コミュニケーション)
国際経済促進協会
NTTコミュニケーションズ株式会社