2011年11月3日(木・文化の日) 神奈川県立音楽堂大ホール 18:00開演
ゲスト:中国人気アイドルグループ「HIT-5(ヒットファイブ)」

DSC_00051.jpg



 秋らしい陽気にめぐまれた11月3日(文化の日)、日中通信社主催・中華人民共和国駐日本国大使館文化部後援で、「日中カラオケコンクール決勝大会」が神奈川県立音楽堂大ホールにて開催されました。本大会は、日本人が中国語の歌を歌い、中国人が日本語の歌を歌う全国規模の日中文化交流イベントで、今年ですでに14回目を迎えます。

 年々レベルアップする出場選手の歌唱力を受けて、今年は中国天津より音楽評論家の劉敖先生をお呼びし、一流審査員陣とともに日中の歌声に対し厳正なる審査をいただきました。

 そして、さらに会場を盛り上げたのは、特別ゲストとしてお迎えした中国の人気イケメンアイドルグループ・HIT-5(ヒットファイブ)!会場の歓声に包まれながら、質の高いボーカルとダンスパフォーマンスを披露し、出場者たちの健闘に華を添えて頂きました。詳しくは下面でご紹介します。

DSC_0262.jpg 


DSC_04591.jpg 


DSC_01091.jpg 


DSC_00201.jpg 


DSC_0260.jpg

★HIT-5来日に関する記事、ブログ
新華ネットニュース(中国語)
http://japan.xinhuanet.com/2011-11/04/c_131228647_2.htm
HIT-5 公式ブログ(中国語)
http://blog.sina.com.cn/s/blog_6207f5e80100wl57.html?tj=1
HIT-5 公式サイト
http://thmusic.com.cn/hit5/

18時すぎよりステージの幕が開き、少々厳かな雰囲気で始まった決勝大会。まずは主催側の日中通信社代表取締役、張一帆より開会宣言が行われました。

[編集長・写真]

来賓、審査員の紹介があり、歓声の中特別ゲストのHIT-5の紹介が終わると、いよいよ決勝パフォーマンスの開始。

今年の決勝大会では、日本人の部、中国人の部、それぞれ予選を勝ち抜いてきた日本人13組、中国人12組、合計25組30人のファイナリストが、優勝を目指して熱唱を繰り広げました。その実力で毎年の出場を果たす選手、抜群の歌唱力で観客を圧倒する選手、情熱とパフォーマンスで会場を湧かせる選手・・・まさに十人十色、一人一人が「オンリーワン」のステージを見せて下さいました。

[以下、出場選手写真とそれぞれのレポート]

DSC_0204.JPG DSC_0218.JPG DSC_0239.JPG DSC_0260.JPG

トップバッターは中国人組・董秀さん。黄色いドレスに身を包み感情表現いっぱいに歌いきりました。一番手というプレーシャーの中、非常に堂々とした歌いっぷりでした。

2番は日本人組の薬師木明世留さん。途中から演奏なしのアカペラになるというハプニングにも負けず力強く歌いきりました。観客の皆さんの手拍子が会場に響き、特別賞を受賞。

3番は中国人組の桑斌斌さん。第12回と第13回、連続で優秀賞を受賞した実力者。今回も素晴らしい歌声を披露していただきました。

4番は日本人組の石井雅江さん。リハーサルでは歌いだし部分のテンポが合わずとても苦労したようでしたが、本番ではきちんと合わせてきました。

DSC_0270.JPG DSC_0289.JPG DSC_0306.JPG DSC_0327.JPG

5番は中国人組の景超さん。前回は惜しくも賞を受賞することができませんでしたが、今回は、東方神起の『Stand by U』でみごと歌唱賞を受賞しました。

6番は日本人組の尾崎崇さん。曲目が『中国功夫』というカンフーをモチーフにした曲だけに、中国服に身を包みアクションを交えながら熱唱!会場を沸かせました。

7番は中国人組の[金玄] 律さん。赤いチャイナドレスを身にまとい、『涙そうそう』を心を込めて歌いました。そして念願の最優秀賞を受賞しました。

8番は日本人組の北澤太一郎さん。実は北澤さんが歌う『我愛[イ尓]中国』は女性歌手の歌。それを高音で堂々と歌いきったその声はまるでソプラノ歌手のようでした。北澤さんは優秀賞に輝きました。

DSC_0375.JPG DSC_0399.JPG DSC_0181.JPG DSC_0427.JPG

9番は中国人組の高飛さんと胡正華さん。まさにアイドルのような衣装で登場した2人は、そのかわいらしい容貌と甘い声で会場を魅了。観客の注目を浴びました。

10番は日本人組の坂井未知帆さん&沖本裕樹さん。2人は過去の決勝大会でそれぞれ個人で出場してきたかつての常連。今回は2人で挑戦。沖本さんがバラを手渡すシーンもあるなど素晴らしい演出で魅せました。

11番は中国人組みの周防恋子さん。演歌『女のしぐれ酒』で女性の悲しみをしみじみと歌い上げました。その歌声はまさに演歌そのものという風格でした。

12番は日本人組みの桑原千秋ちゃん。第12回大会ではお母さんの直美さんと登場し、表演賞を獲得。今回は1人で登場し、かわいらしいステージで会場を魅了。今回も表演賞を獲得しました。

DSC_0467.JPG DSC_0479.JPG DSC_0002.JPG DSC_0033.JPG

13番は中国人組の範麗莉さん。力強い演歌『霧の土讃線』を歌い上げた範さん。曲のイメージを良くつかみ。その列車の情景が浮かぶようでした。

14番は日本人4人組、高橋香澄さん&荻野美紀さん&中村寛子さん&吉村美和子さん。SMAPの『世界に1つだけの花』の中国語バージョンを振りつきで熱唱。4人の振りは完璧でした。

15番は中国人組の李斌翔さん。スカーフをつけて衣装バッチ、歌唱力も抜群で、堂々とした歌いっぷりでした。納得の優秀賞獲得でした。

16番は日本人組の伊地知太郎さん。すばらしい歌唱力で中国の有名デュオ羽泉のヒット曲『彩虹』を絶妙のムード歌いきりました。

DSC_0050.JPG DSC_0066.JPG DSC_0095.JPG DSC_0110.JPG

17番は中国人組の郭哲龍さん。山本譲二さんの渋い演歌で勝負をかけ、見事自分のものとしていました。高い歌唱力でしたがあと一歩のところで惜しくも賞は逃しました。

18番は日本人組の竹川佑希さん。抜群の歌唱力と透き通るようなはっきりとした発音で会場を魅了。数多い強豪を押しのけて日本人組の最優秀賞に輝きました。

19番は中国人組の孫豪さん&沈梅芳さん。2人で歌う演歌は独特の世界観を表現し、会場を圧倒。惜しくも賞は逃しましたが素晴らしいパフォーマンスでした。

20番は日本人組の遠藤香さん。のびやかな歌声でアンジェラ・チャンの『口袋的天空』を歌い上げました。ドレス姿が印象的でしたが惜しくも賞を逃しました。

DSC_0149.JPG DSC_0156.JPG DSC_0181.JPG DSC_0201.JPG

21番は中国人組の張偉さん。中国人も良く知る日本を代表する演歌『北国の春』を熱唱。迫力あふれるステージでした。

22番は日本人組の田中千春さん。中国の雰囲気あふれる曲『夫妻双双把家還』を熱唱。高音と低音を使い分け、会場を沸かせました。

23番は中国人組の劉麗さん。名曲『浪花節だよ人生は』を独特の中国民謡のような歌い方で歌い好評を博し、表演賞を受賞した。

24番は日本人組の好井淳浩さん。美しい中国語の発音で、しっとりと『静静的』を歌い上げ、見事歌唱賞を受賞した。

 

 

 

 

受賞者発表

■表演賞(日本人組)
桑原千秋 / 豆豆龙

DSC_0438.jpg


■表演賞(中国人組)
劉 麗 / 浪花節だよ人生は

DSC_0177.jpg

■歌唱賞(日本人組)
好井 淳浩 / 静静的

DSC_0210.jpg

■歌唱賞(中国人組)
景 超 / Stand by U

DSC_0286.jpg

■優秀賞(日本人組)
北澤 太一郎 / 我爱你中国

DSC_0338.jpg

■優秀賞(中国人組)
李 斌翔 / 大切なもの

DSC_0018.jpg

■最優秀賞(日本人組)
竹川 佑希 / 回家

DSC_0072.jpg

■最優秀賞(中国人組)
[金玄] 律 / 涙そうそう

DSC_0317.jpg

■特別賞
薬師木 明世留 / 恋上另一个人

DSC_0216.jpg



 

主催 :
株式会社日中通信社 / チャイニーズスター・ファンクラブ
後援 :
中華人民共和国駐日本国大使館文化部
協力 :
連華商事株式会社

協賛 :
全日本空輸株式会社
上海広場長城假日酒店
NTTプライム・スクウェア株式会社
新時代電脳(新時代コミュニケーション)
萬達旅運株式会社 ワンダートラベル