東日本漢語教師協会 会長 
日本大学大学院 教授 

呉川 先生 

通訳技法を応用!
中国語会話 表現力アップ講座

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2014年度から定期開催している、
聴く中国語アカデミー 特別講座。
有名な中国語研究者、大学教授をお招きし、
普段では体験できない、耳にすることができない
中国語学習のコツ、中国文化知識をお届けする企画です。


今回は東日本漢語教師協会 会長 
日本大学大学院 教授 
呉川 先生をお招きし、
通訳技術入門および会話力アップのコツについて
お話いただきました。 

通訳案内士を目指している方、
中国語日常会話の表現力を身につけたいという方など
多くのお客様がお越しくださいました。


まずはじめに、通訳における基本原則、
について、先生ご自身が過去に出演された
NHKラジオ中国語講座 応用編の
音声データを使って教示いただきました。


「快」・・・速くまとめ、すばやく反応





 「准」・・・正確に、要領良く





「順」・・・わかりやすく、聞きやすく





ここで質問です。
皆様、通訳に一番必要なことは何だと思いますか?



「内容に忠実に、巧みな表現で訳すこと」





では、ありません。



なんと、“聴き取ること”なんです。




通訳は、「すばやさ」、「正しさ」、「わかりやさ」の三つが求められます。
この三つを実現するために、リスニング力が必要です。


呉川先生の経験談からリスニングの重要性を教えていただきました。




お話の中で、「方言(なまり)」についてふれていましたね。

中国人の全員がキレイな“普通話”をしゃべるとは限りません。
中国には驚くほど「なまり」が多く存在しています。
なまりのある中国語を聴いてどんなイントネーションに対しても
動じない、楽しめる姿勢が重要とのこと。勉強になりますね。


今回は通訳入門的な内容が占めていましたが、
その他、積極的に発話する力、咄嗟のレスポンス力を
身につける練習方法にも触れていただき、大好評でした。

以下、アンケートから。

・通訳のコツが端的によく理解できた。
・先生のお話が的を得ていて、納得できた。
・通訳のコツ、ポイントを短時間でマスターすることができた。
・考えたことのない練習方法が聞けてすぐに取り入れたいと思いました。


「次回があれば、本日学んだ基本原則をもとに、
 実践練習するイベントをやってほしい。」というご要望もいただきました。


レポートをお読みの皆様も、

「中国の○○に関する講座をやってほしい」


「●●先生のお話を聞きたい」などご意見、ご要望がありましたら

お気軽にお寄せください。


来月以降の 講座スケジュール




2014年5月25日(日) 会場:日中通信社 本社ビル3F 176-0012 豊玉北4-11-7

10:00~12:00 

世界華文微型小説研究会 理事

 渡邊晴夫 先生の「中国“1分間小説”(ミニ小説)のススメ」  


14:00~16:00  

日本大学大学院 

 陸亦群 教授「中国経済講座  新シルクロード地域経済の将来性 と 日本の未来」





2014年6月22日(日) 会場:豊島区民センター4階 第5会議室 


10:30~12:30 

 相原 茂 先生 と 段 文凝 先生の  

 「こんなに楽しい、中国語 season 2」  



14:00~16:00  


 中林 史朗 教授と 歴ドル 小日向えりの

「新発見!三国志と日本」


※各回、3,200円の受講料が必要になります。


特別講座のご予約は・・・・

TEL:03-5984-3216

E-mail: china-now@long-net.com